歯の土台の種類と特徴

佐賀市の歯医者Sagan歯科こども歯科です。

歯根の治療後は神経が無いので歯はもろく割れやすくなっています。

実際、抜歯になる原因の第3位が歯根破折です。

かぶせ物を支え歯を補強する大切な役割をするのが『歯の土台』ですが、この土台選びは「歯の寿命に左右する」重要なものです。

当院3タイプの土台(コア)があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

ファイバーコア

ファイバーコアは、細いグラスファイバー繊維を幾重にも縒り固めた構造です。グラスファイバーというのはテニスラケットなどにも使われている材質で、柔軟性がある為、歯に優しい材質です。

メリット

  1. 固いもの食べるなどの強い力が加わったときに応力が分散されやすく歯が割れたりヒビが入ったりというリスクが低くなり歯の寿命を延ばしてくれます。
  2. 金属を一切使用しないメタルフリー材質のため、金属アレルギーの心配がありません。
  3. 審美的にも良好で、金属色ではない事から、歯が明るく白く見えます。

デメリット

  1. 歯質があまり残って無い場合、土台が脱離することがある
  2. 強い衝撃でファイバーコアが折れることがある。歯根が折れずにファイバーコアが身代わりになってくれるという意味ではメリットとも言えます。
  3. 保険適用外の治療です

料金:前歯・奥歯 15,000円(税込)/1本

メタルコア

メタルコアとは銀合金で作られた歯の土台です。保険が適用されます。

メリット

  1. 多くの症例で利用できる
  2. 保険が適用される

デメリット

  1. 歯の中は空洞になっているので、そこに金属の土台を入れていくと、強い力が加わったときに力が分散されず、一点に集中することで歯が折れてしまう可能性があり抜歯のリスクが非常に高くなります。
  2. 徐々に銀イオンが溶け出して金属アレルギーが突然発症したり歯ぐきが黒ずんでしまう場合があります。歯の根の病気などが再発した際、メタルコアの長さにより再治療が困難になる場合があります。

レジンコア

レジンコアとはプラスチック(レジン)で作られた歯の土台で、歯冠部分がある程度残っている場合に用いられます。
直接口内にレジンを盛り付けていきます。

  1. 型取りせず、その日のうちに土台を入れることができます。
  2. 金属アレルギーのリスクがない
  3. 保険が適用

デメリット

  1. プラスチックの材質なので強度が低く奥歯で使用できない場合がある
  2. 歯冠部があまり残ってないと、土台が作れなかったり、脱離しやすくなります。

どんなに根の治療がうまくいっても歯根が割れた場合は抜歯になる可能性が極めて高くなります。Sagan歯科こども歯科では土台選びの説明に力を入れています。

一緒に歯の寿命のばしませんか?