• 親知らずのトラブル
  • 顎関節症
  • ドライマウス外来
  • いびき外来・睡眠障害
  • 舌痛症
  • 口内炎治療

親知らずのトラブル

親知らずの治療でお悩みの方へ

親知らずの抜歯はどれくらい腫れてどれくらい痛いのか、と心配な方も多いのではないでしょうか?
当院では親知らずだからといってすぐに「抜きましょう」ということはありません。
生え方や状態によりますが、必ず抜かなければいけないものではないのです。しっかり管理できる状態であれば当院では保存していきます。

親しらずを抜いた方がよいケース

  1. 親知らずが斜めに生えていて手前の歯に虫歯や歯周病など悪影響を及ぼす
  2. 親知らずが手前の歯を強く押していて歯並びに影響を与えている
  3. 親知らずがかみ合わずに歯ぐきや頬の粘膜を傷つけている
  4. 親知らずがひどい虫歯や歯周病になって痛みや腫れ、化膿を繰り返している

何歳で抜くべきなの?

親知らずの抜歯は、20代~30代のうちにするのが良いでしょう。

理由は?
  1. 若ければ若いほど骨がやわらかいので抜きやすく治療が早く終わる
  2. 妊婦、出産時の抜歯はリスクがある妊娠や出産時には親知らずに痛みが出ることが多いのですが抗生物質等の服用が必要なため、赤ちゃんのことを考えると抜歯しない方も多いです。
  3. 根が完成すると下顎管に近くなり、抜歯後の麻痺のリスクが高くなる
    そのため親知らずの根が完全に出来上がっていない20歳前後に抜いたほうが、麻痺のリスクを下げることができます。

口腔と上顎洞との交通

上顎の親知らずの根が、生まれながらにして上顎洞という空洞に突出している人の場合、歯を抜いたあとの穴と上顎洞が交通し、上顎洞を間にして口腔と鼻腔がつながってしまいます。
そうしますと、口から飲んだ水が鼻から出たり空気が口から鼻に漏れたりします。穴の大きさによりますが、大部分は自然に閉鎖します。
安心・安全な医療を提供するため、神経などへのリスクの高い抜歯や重篤な炎症などに関しては、提携医療機関へ紹介状を書かせていただいております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

親知らずを抜く前の準備について

当日は体調を整えて来院してください。体調不良の場合には中止させていただくこともあります。
食事は、普通に食べてきていただいて結構です。

親知らずを抜いたあとはどんなことが起こりますか?

抜歯後、腫れや痛みが強まり、2日から3日後にほぼピークを迎えます。その後は徐々に引いていき、1週間から10日かけて消失します。

親知らずはSagan歯科におまかせください

佐賀市で親知らずの診察や抜歯をご希望の方は、Sagan歯科にお任せください。
経験豊富な口腔外科医による診療が可能です。
なるだけ抜かないよう将来の移植なども視野に入れた保存療法を提案しておりますが、抜歯となる場合にはできるだけ痛みを抑え患者様の負担にならないよう努めています。

顎関節症

顎関節症とは?

食べ物を噛むと顎関節や咀嚼筋に痛みを感じる、口の開け閉めをするときに顎関節からカクカク・ゴリゴリと音がする、口が大きく開かなくなる、など顎関節に症状がある場合に診断される病気のことです。

どうして顎関節症になるの?

実は、複数の原因が組み合わさって起こる、多因子性の疾患だと考えられています。

主な原因
  • ・噛み癖
  • ・歯ぎしり
  • ・歯列接触癖(TCH)
  • ・偏咀嚼、頬杖、うつぶせ寝などの、悪い生活習慣
  • ・精神的ストレス
  • ・不正咬合など

これらの原因のいくつかが組み合わされ、その人の持つ顎関節の耐久力を超えた場合に顎関節症になると考えられます。
顎関節や筋肉に負荷がかかり、耐久力を超えると顎関節のまわりにある顎関円板と言われるクッションの役割をする軟骨がズレて「口を開けるときゴリゴリと音がする、痛みを生じる、大きく開けられない、強く噛めない」などの症状が現れます。

女性に多い顎関節症

女性は男性の2~3倍の来院数です。
女性は男性よりも骨格や靱帯などの支持組織が 弱く、筋肉の緊張やストレスに対して感受性が高い上に痛みに敏感であるからとも言われています。

顎関節の治療法

日本顎関節学会から診療ガイドラインが出されており当院では、十分な説明、インフォームドコンセントを行ってから治療を始めていきます。なぜなら顎関節症は「これをすれば確実に治る!」という治療法はまだありません。
当院では、いきなり歯を削る噛み合わせ治療や矯正をしたりするのではなく、マウスピースを装着したりレーザー治療するなど後戻りできる体を傷つけない負担の少ない治療法から始めています。

レーザー治療

痛みを感じる部位にレーザーを照射すると神経に作用し、痛みが減り、自然の治癒力が促進します。また筋肉や顎関節に蓄積した老廃物を排除し血液やリンパ液の循環を高め顎関節の筋肉がスムーズに動かしやすくなるため痛みなどの症状を緩和することができます。

ドライマウス外来

ドライマウスとは?

ドライマウスとは口腔乾燥症とも言い、唾液の分泌量が低下してお口の中が乾燥状態になる疾患です。
唾液の分泌が低下すると初めは、お口の中がやたらと乾燥したり、ねばついたりする程度ですが、ひどくなると舌がヒリヒリしたりひび割れが起きます。

重篤な症状としては不快感で夜、熟睡することができなくなったり、ヒリヒリ感を通り越して焼け付くような痛みを感じるなど日常生活に影響を及ぼす場合もあります。

原因

唾液には、潤滑、保湿、消化、洗浄、抗菌作用、味覚、傷の修復促進などの役割があり唾液が減ることで細菌が繁殖しやすくなり、口臭や歯周病がひどくなります。
最近の研究によりドライマウスの6~7割が口腔カンジダ症を併発し、それが粘膜の痛みの原因になっていることがわかっています。

治療

治療としては、保湿力の高い洗口液、保湿ジェル、スプレーによる噴霧などを症状に応じて処方します。積極的に水分補給したり唾液腺をマッサージするのも、有効な方法です。

いびき外来・睡眠障害

いびきは睡眠呼吸障害のサイン

他人に迷惑をかけてしまういびき。
家族やパートナーに指摘されたことはありませんか?最近ではいびきの背景にある「病気」にも目が向けられるようになってきています。

いびきの原因

いびきは、寝ている時に舌根が下に沈み気道が狭まることで、空気の流れが悪くなり振動が起こって音となって現れます。
いびきをかいているのは眠りが浅い証拠で、その代償として日中の眠気をもたらし、仕事の能率低下や居眠り運転事故を起こすなど、社会生活に様々な支障をきたしています。

いびきは心血管疾患を発症しやすい?

いびきの頻度が高く呼吸が浅くなって低酸素状態が持続することは、心筋梗塞、脳卒中、高血圧、糖尿病ともに発症率が高くなります。
つまり本人は眠ったつもりでも脳や身体は断続的に起きた状態になり、気づかないうちに大きな負担がかかっているのです

ご存知ですか?睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症は、睡眠中に呼吸が止まったり、浅くなったりすることで、深い眠りが得られずにからだに負担をかける病気で、9割以上の方が、気道の閉塞が原因となっています。「いびき」は睡眠時無呼吸症のはじまりであり、危険の「サイン」です。

いびき、睡眠障害の治療法

スリープスプリント(保険が適応されます)という寝るときに下のあごを持ち上げるように工夫されたマウスピースです。
舌を持ち上げ気道を広げるので呼吸がしやすくなり、いびきをかかなくなります。

舌痛症

舌痛症とは?

舌にヒリヒリした慢性的な痛みが続く舌の病気です。
舌痛症の原因は現在のところハッキリわかっていません。「神経痛」みたいなもので、痛みを伝達し知覚する神経回路に障害が生じているためだと考えられています。

朝起きたときや午前中はそうでもないけど、夕方や夜にかけて痛むなど症状に波があります。あまりに長く舌の痛みが続くため、舌の癌ではないかと心配される患者さんも多いのですが、この病気が原因で舌癌になることはありません。

舌痛症の方に共通する特徴

舌痛症の方にはある特徴があり次のようなことが挙げられます。

  1. 閉経後の女性
    更年期の女性に多く40代~70代の方
  2. 大きな精神的ショックを受けた人
    配偶者との死別、離婚など大きな精神的ショックやストレスを受けた後に舌痛症を起こすことがあります。
  3. ガン恐怖症の人
    ガンを始めとする病気に対する恐怖心が大きい人は舌痛症にかかりやすいと言われています。

治療方法

亜鉛、鉄、ビタミンB12の内服や、漢方薬が有効な場合もあります。当院では治療に副作用のない、漢方医学などを使って身体に負担のない治療法からはじめています。

ご自身にできることとは?

痛みの原因や、どんな時に痛むのかを知って、健康的な生活を心がけましょう。

口内炎治療

口内炎できていませんか? たった一箇所の口内炎でも痛いと食事するのをためらうほどですよね。
ほとんどの口内炎がアフタ性口内炎です。

口内炎の種類

アフタ性口内炎

約70%がこの口内炎です。
このタイプの口内炎ができる原因として栄養不足・機械的刺激・免疫低下の3つが考えられます。

・栄養の偏り
どの栄養素が欠けたら口内炎になるかは判明していません。「このビタミンを摂っていたら絶対に口内炎は防げる」ということは断言できないので、普段からバランスの良い食生活を心がけることが大切です。
・機械的刺激
噛んだり歯が当たったりして口内の粘膜が傷ついてしまうことを、機械的刺激と呼びます。舌や頬を噛むのは避けようがないアクシデントですが、同じところにずっと口内炎ができる場合は合わないかぶせもの・入れ歯やとがった歯が粘膜を刺激している可能性があります。
・免疫低下
ストレスがたまる生活や睡眠不足が続くと免疫力が下がります。すると機械的刺激がなくても口内炎ができることがあります。
カタル性口内炎

矯正器具や入れ歯などがあたってできる傷に細菌などが感染しておこる口内炎です。

カンジタ性口内炎

真菌であるカンジダ菌による感染症で、身体の免疫力が低下したときに発症します。

ウィルス性口内炎

主に成人にみられる、口唇ヘルペスや帯状疱疹また小児に現れるヘルパンギーナ、ヘルペス性口内炎、手足口病などがあります。
治療法は、全身に対しては抗ウイルス薬を投与、栄養状態の改善をします。
他には金属アレルギー、ベーチェット病、生理周期でのホルモンバランスの乱れがあります。
しかし、「悪化させる要因として口腔内の不潔は共通です!!」できた時、まずは口内環境を清潔にすることを心がけてください。
基本的な生活を規則正しく、バランスのとれた食事や睡眠時間を十分にとることも、やはり大切です。

口内炎のレーザー治療

治療後すぐに口内炎が無くなる訳ではありませんが、レーザーを当てることで表面に膜ができ痛みを和らげ、さらに殺菌作用により早く完治します。副作用もなく、妊娠中や子供にも安心して適用できます。

住所 : 〒840-0027 佐賀県佐賀市本庄町大字本庄507-9

  • 急患対応
    可能
  • 駐車場
    完備
  • クレジット
    カードOK
  • 無料
    Wi-Fi
  • キッズ
    ルーム
  • 保育士
    常勤
診療時間
平日9:00~18:30
土曜日9:00~13:00
日・祝休診
CONTACT US!
お問い合わせ
0120-001-720
095-237-3337
平日 9:00~18:30/土曜日 9:00~13:00
背景アイコン01 背景アイコン02 背景アイコン03 背景アイコン04 背景アイコン05
© 2019 佐賀市の痛くない歯医者さん「佐賀ん歯科・こども歯科」