ホワイトニング

ホワイトニング

こんなお悩み、ありませんか?

  • 素直な笑顔になれない
    歯が黄ばんでてついつい手で隠しちゃう。実年齢よりも若く見られたい。
  • 第一印象で差をつけたい
    白い歯で好印象になれば営業成績も上がりそう!
    白いほうが断然爽やかだしモテるはず!
  • 結婚式に向けて白くしたい
    たくさん写真撮られるし最高の自分へ近づけたい!
そんな悩みを解決してくれるのがホワイトニングです
ホワイトニングとは?

ホワイトニングとは?

歯のクリーニングや毎日の歯磨きでは落ちにくい、タバコのヤニ・食事中のステイン・加齢による歯の黄ばみを歯を削ることなく白くする治療です。
当院ではご自宅で出来る、「ホームホワイトニング」を採用しています。白くするためにコース設定などで何回分も料金を沢山支払う事はありません。

こんな方にオススメ

  • ・自分のペースで確実に歯を白くしたい方
  • ・歯科医院に通う時間がなかなか取れない方
  • ・白さの持続性を求める方

ホームホワイトニングの流れ

ホワイトニング前クリーニング

歯についた汚れを取り除きます。この処置をしないとホワイトニングの薬剤の効果が薄れてしまいます。

ホワイトニング専用マウスピースを作成しお渡し

ご自身に合わせたものが必要になりますので歯型をとります。1週間くらいでトレーが仕上がりますので医院に受け取りにきていただきます。

自宅でのホワイトニング開始

1日4時間マウスピースを装着。4週間おこないます。使用後は水道水で洗います。

・ホームホワイトニング後の注意
ホームホワイトニング後の4時間は再着色が付きやすい状態です。タバコや色の濃い飲食物は控えてください。

ウォーキングブリーチ

ウォーキングブリーチ

歯の神経がないことにより変色をしている歯の裏側から小さな穴を開け、そこから薬液を塗り、漂白し歯を白くします。1歯からはじめられます。明るい口元になった患者様の笑顔が、何よりも私たちのやりがいとなっております。どうぞお気軽にご相談ください。

歯ぐきのホワイトニング(ガムピーリング)

歯ぐきのホワイトニング(ガムピーリング)

こんなお悩みありませんか?

  • ・ちゃんと歯は磨いているのに、歯ぐきが黒ずんでいる
  • ・タバコを頻繁に吸うので、歯のヤニや歯ぐきの黒ずみが目立ってきた
  • ・タバコを吸わないのに、歯ぐきが黒ずんでいる

もともと、きれいなピンク色だったはずの歯ぐきが黒ずんできたら病気かな?て思ってしまいますよね。
歯茎の黒ずみは、さまざまな原因で起こります。

  1. 紫外線によるメラニン色素沈着
  2. タバコ、受動喫煙による色素沈着
  3. 口呼吸

治療の流れ

はぐきに表面麻酔を塗布

はぐきに表面麻酔を塗布

黒ずんでいる部位に薬剤を塗布

黒ずんでいる部位に薬剤を塗布

約1~2週間後に綺麗な状態になります

約1~2週間後に綺麗な状態になります

実は歯ぐきは口元の印象を大きく左右する、とても大切な要素です。
歯茎の黒ずみで不健康な印象になってしまうのは避けたいものですよね。
あなたの笑顔は健康なピンクの歯ぐきにより一層輝きます。

スポーツマウスピース

スポーツマウスピース

スポーツには接触事故はつきものです。

激しくぶつかった時には、歯は鋭利な刃物となり唇や舌を切る場合があります。また頚椎損傷して身体が麻痺し車椅子生活になることは『仕事』『恋愛』『人生』に大きな影響を与えます。「人生」は「競技人生」より遥かに長いものです。
競技引退後の生活を快適に送るためにもマウスピースを作ることをおすすめします。

マウスピースを装着するメリット

①「ケガの予防」
時には「顎の骨折」や「歯牙破折」、打ちどころが悪いと「脳しんとう」や、「頚椎の損傷」を引き起こすこともあります。
②「緊張」の緩和
身体をリラックスした状態に保つことで、人間が本来持っている筋力、持久力、瞬発力、そして柔軟性を十二分に発揮させることができます。
③「酸素の吸入量」の向上
顎顎関節への圧迫を防ぐことにより、口を閉じた場合に比べ通気量がアップし、酸素の摂取量も増加します。

フルオーダーメイドマウスピース

当院のマウスピースは完全にフィットするように設計され、ハイレベルな保護機能を有していますので、アスリートはもちろん、日常的にスポーツを楽しみたいと考えている人、健康なカラダをつくりたい人など、すべての人々にパフォーマンス・ソリューションを提供します。

障害者歯科

安心して受けられる歯科医療を実践

安心して受けられる歯科医療を実践

どのような障害の方でも、優しく笑顔をモットーに安心して受けられる歯科医療を実践しています。
治療中に口を開かない、暴れる、なかなか治療が進まなくて再度の受診を躊躇されている方。うちの子はとても出来そうもないと始めからあきらめている方。障害を持った方の歯科治療は何か特別なことをするかのように思われがちですが、そんなことはありません。
他の患者様と同じように、まずは慣れてもらうところからはじめ、通常の歯科治療、予防処置、応急処置などを行っていきます。
また、必要に応じて専門クリニックへの紹介など地域の歯科保健医療の推進に、積極的に協力しています。

主な対象疾患

  • ・肢体不自由な方
  • ・発達障害(自閉症、アスペルガー症候群、ADHDなど)
  • ・知的障害(ダウン症、染色体異常など)
  • ・脳性麻痺
  • ・てんかんなど

当院は患者様とのコミニュケーションを第一に考え、無理やり抑えつけるような治療はしていません。
歯科治療に慣れていない患者様には絵カードや写真、実物を用いて練習から始めて、怖くないイメージを持ってもらえるよう心がけています。
これを繰り返すことで徐々に治療を受け入れていくことが可能になります。また小さな年齢の時から予防処置に慣れておくことも大切です。
保護者や付き添いの方は、患者様に内科的な病気やアレルギーがある場合できるだけ詳しく症状、飲んでいる薬を教えて下さい。

訪問診療

通院が困難な状況の方にこそ、歯科治療をあきらめないで

通院が困難な状況の方にこそ、歯科治療をあきらめないでいただき、生活の質を高めるためのお手伝いをしたいと考えております。
大切なことは外来受診が困難な場合に、本人や家族が歯科治療を受けることをあきらめないことです。
訪問診療、往診しております。
ご高齢でお身体が不自由な方、身体的・精神的な障がいがある方など、ご自身で歯医者に通院が困難な方のご自宅・施設へ訪問診療をしています。
当院では、入れ歯の治療、虫歯治療、歯周病治療はもちろん、「口腔ケア」にも力を入れています。
現在症状がなくてもプロによる口腔ケアはたくさんのメリットがあります。

誤嚥性肺炎など、感染症の予防

誤嚥性肺炎など、感染症の予防

実は高齢者に起こる肺炎の多くは誤嚥性肺炎です。
高齢者の肺炎は命取り!
日本人の死因の4位が肺炎。口の中が汚いと肺炎が命にかかわるケースも少なくありません。
要介護高齢者によく義歯の汚れが見られます。
誤嚥性肺炎とは、唾液や食べ物などが誤って気道に入り込む「誤嚥」が生じた際、一緒に口内の細菌も肺へ入り発症する肺炎です。
定期的な口腔ケアにより誤嚥性肺炎の原因となる菌が減少すれば、たとえ誤嚥が生じても、重症化する可能性が低減されます。

脳の活性化、認知症予防

口でものを噛み飲み込むという強い刺激は脳の広い領域に影響を与え、脳の活性化に役立っています。歯が多いほど認知症になりにくいことがわかってきました。口腔ケアで口腔内を刺激してあげるだけでも脳は活性化します。

申し込み
まずお電話にて、お問い合わせください。
患者様の状態や状況をお聞きし、訪問診療が可能な方かどうか確認させていただき訪問日と時間を決定します。

アフターケア
治療が終了しても、時間が経つと入れ歯が合わなくなったり、細菌がたまったりしてきます。
そのため定期的なケアや検診が必要となってきますので週に1回から半年に1回、アフターケアを行い、お口の中の健康を維持することに心がけています。

口腔がん検診

口腔がん検診

死亡原因の1位は「がん」!
「癌は日本人の国民病」と言えるくらい身近にあります。
口腔癌は、その中で死亡率が高い(46.1%)がんなのです。
日本は 口腔がん検診が義務化されていないこともあり、世界の先進国で口腔がんの死亡数が増加している国は日本だけです。だからこそご自身で命を守る必要があります。
口腔がんの発生原因は,たばこやアルコールの過剰な摂取,むし歯や不適切な入れ歯による刺激,お口のなかの衛生不良などが原因として考えられています。
日本人に一番多いのが舌がん(約60~70%)です。他には、歯ぐき、頬などにもできます。

前癌病変に注意!

多くの口腔がんは,白板症や紅板症と呼ばれる前癌病変より発生します。
白板症は約5%の確率で癌化する可能性があります。癌化する前に見つけて治療することで命を守れます。
当院は口腔がん撲滅運動に協力しており、国立佐賀大学附属病院や佐賀県医療センター好生館と連携しております。
癌と疑わしい所見があれば、確認して頂ける体制を整えております。

金属アレルギー外来

本当に怖いのは「全身型金属アレルギー」

本当に怖いのは「全身型金属アレルギー」

金属アレルギーと言うと肌がかゆくなったり赤くなったりするから金属のアクセサリーがつけられないというような「肌と金属が直接触れたところに症状がでる」と思ってる人は多いと思います。しかし、これは接触型金属アレルギーであり、症状の一部でしかありません。
本当に怖いのは、銀歯などの歯科用金属が体内に溶け出して炎症を起こす「全身型金属アレルギー」です。
なぜなら接触している部位にアレルギーが起こっているわけではないため、原因の特定が難しいからです。口の粘膜や腸から吸収された後、全身から汗と共に皮膚に出てくるので手の平や足底に多く症状がみられます。

突然発症します

突然発症します

今は症状がない方でも、歯科用金属が原因で金属アレルギーになる可能性があります。発症する時期も人により異なり、銀歯を入れてすぐに発症する人もいれば、金属イオンが蓄積した十数年後に発症することもあります。

銀歯はアレルギーを引き起こしやすい金属を多数含みます

金銀パラジウム合金の「パラジウム」「イリジウム」

金銀パラジウム合金の「パラジウム」「イリジウム」

<銀歯>銀48% / パラジウム20% / 銅17% / 金12% / その他(亜鉛、イリジウム、スズ)3%

アマルガムの「水銀」

アマルガムの「水銀」

アマルガムは、1番金属アレルギーを起こしやすい「水銀」が50%も入っています。また水銀は神経症状を起こす水俣病でも話題になりました。

セラミック治療

清潔感のあるキレイな口元で、人生を上質に。素敵な笑顔をサポートします。

清潔感のあるキレイな口元で、人生を上質に。素敵な笑顔をサポートします。

口元に自信がつくと、人との出会いがますます楽しくなります。実は第一印象は最初の5秒で決まると言われています。
わずか5秒の間に相手に好印象を与えるのは、言葉ではなく笑顔です。表情が豊かな人は魅力的に感じ、白くてきれいな歯並びは、笑顔を輝かせます。また、白い歯は年齢まで若くみえるものです。

当院はここがちがう!
歯を白くするだけでしたら、どの歯科医院で治療を行っても同じです。Sagan歯科では、歯並びのバランス、歯ぐきとの調和など「美しさにこだわったセラミック治療」を行っています。

黄金比を取り入れた調和のある口元

黄金比を取り入れた調和のある口元

黄金比とは、エジプトのピラッミドやミロのヴィーナスなどにも使われ「1.618:1」の比率が古代より最も美しく感じるとされています。実は歯にも黄金比があり当院は積極的に取り入れています。

緩やかな曲線のスマイルライン

緩やかな曲線のスマイルライン

スマイルラインとは、笑ったときに見える「上の歯の先端を結んだライン」のこと。
直線になっていると美しくないので緩やかな曲線になるように仕上げます。

素敵な笑顔作りをサポートします。
セラミック治療を手掛けた豊富な経験があるからこそ、断言できます。
それは口元がキレイになると、顔の印象も変わり自然な笑顔がでるようになります。
清潔感のある素敵な笑顔で、あなたの魅力を最大限に輝かせませんか?

セカンドオピニオン外来

あなたの疑問を解消します

「この歯は残せないのだろうか」「治療途中だけど不信感がなくならない」「本当にこの治療で良いのだろうか…」と、他院での診断や治療方針に不安や疑問をお持ちの方はいませんか?
セカンドオピニオンは直訳すれば「第二の意見」で、『自分にとってベストの治療を受けているのか?』を確認するために診断や治療方針について主治医以外の医師の意見を聞くことです。
米国では、癌を手術で切除するか、抗がん剤治療にするか、放射線治療を行うかというような判断は、複数の医師の意見を聞いたうえで患者自身が判断することが多くなっています。
たとえ同じ治療法の意見だとしても、「どんなリスクがあるのか」「予後はどうなのか」を知ったうえで行うことは、非常に重要なことです。
セカンド・オピニオンは、日本ではまだ普及途中のため、 「主治医に失礼になるのでは」 と思われがちでしょうが、その心配はまったくいりません。また主治医にセカンドオピニオンで来たことを報告することもありません。 患者様が納得して治療法を選ぶことは、基本的な権利であり、Sagan歯科は、患者様のお口の中の状態や治療について理解を深め、最適な治療を納得して受けていただけるようサポートしています。

住所 : 〒840-0027 佐賀県佐賀市本庄町大字本庄507-9

  • 急患対応
    可能
  • 駐車場
    完備
  • クレジット
    カードOK
  • 無料
    Wi-Fi
  • キッズ
    ルーム
  • 保育士
    常勤
診療時間
平日9:00~18:30
土曜日9:00~13:00
日・祝休診
CONTACT US!
お問い合わせ
0120-001-720
095-237-3337
平日 9:00~18:30/土曜日 9:00~13:00
背景アイコン01 背景アイコン02 背景アイコン03 背景アイコン04 背景アイコン05
© 2019 佐賀市の痛くない歯医者さん「佐賀ん歯科・こども歯科」