顎関節症、歯ぎしり用のマウスピースは調整が大事です

佐賀市の歯医者Sagan歯科こども歯科です。

皆さん、顎関節症、歯ぎしり食いしばり用のマウスピースはご存知ですか?

この歯ぎしり、食いしばり用マウスピース自体に歯ぎしりを防いだり、回数や習慣を軽減する効果は無いと言われており、歯や歯周炎が悪化しないようにダメージを軽減するための対処療法的治療で歯ぎしりの治療や、顎関節症の治療など、噛み合わせの治療は、未だに確実なエビデンスがある治療法は定まっていないのが現状です。

このマウスピースを作ったまま、調整しないで使われている方が多いように思います。

定期的に調整しないと噛み合わせがおかしくなる危険があり最低でも3ヶ月おきに調整していく事をお勧めしています。

佐賀市の歯医者 Sagan歯科こども歯科

佐賀市 本庄町本庄507-9

顎関節症、歯ぎしりマウスピースのご相談は佐賀市の歯医者Sagan歯科こども歯科