歯医者さんは健康を増進させる強い味方

佐賀市の歯医者Sagan歯科こども歯科です。

歯医者さんで定期的に歯科検診することで2型糖尿病の早期発見に大きく貢献できる可能性があります。

歯周病を発症した患者は、2型糖尿病に罹患しているか、将来発症する可能性が高いという研究結果が出ました。

スクリーニングは、フィンランド糖尿病リスクスコア(FINDRISC)の質問票と、歯科受診時のHbA1c血液検査を組み合わせておこなわれました。

3年にわたる研究の結果、患者みずからが記入したFINDRISC(質問票で年齢、果実や野菜の消費量、運動量などがリスク因子として評価される)を使うだけで、未診断の高血糖を87%の精度で発見できることが分かりました。

この研究によると、2型糖尿病と歯周病を併発している患者は、糖尿病の合併症を早期に発症するリスクが高まります。

歯周病は炎症性疾患であり、全身の炎症が悪化してインスリン抵抗性が促進されることで、血糖値制御の機能が低下する可能性があるためだと言われています。

歯周病と糖尿病の関係を考えれば、歯科医院は、代謝疾患である糖尿病の早期発見に最適な場所だと考えられますので皆さんも定期的に歯科検診を受け、歯周病基本検査、歯周ポケットを検査していきましょう。

佐賀市の歯医者 Sagan歯科こども歯科

佐賀市 本庄町本庄507-9