コロナ後遺症 味覚障害について

佐賀市の歯医者Sagan歯科こども歯科です

佐賀市もコロナウイルスの感染数が減ってきていますが、味覚障害の後遺症がなかなか改善せず悩まれてSagan歯科こども歯科へ来院する患者さんがいらっしゃいます。

コロナウイルスの後遺症として味覚がおかしいと悩まれている方は以外と多い報告があります。

現段階では後遺症の原因は不明で解明されていません。

コロナウイルス発症から約2か月で48%の方に、約4カ月たっても27%の方に何らかの後遺症が出ると言われています。

佐賀県の統計によると入院および療養中の約250人に嗅覚障害と味覚障害について調査をしたところ、「両方の障害がある」が37%、嗅覚障害のみが20%、味覚障害のみが4%(計61%)。

ですが多くの人は新型コロナ感染症の治癒にともない両障害がなくなってきます(退院1カ月後に、嗅覚障害が60%、味覚障害が84%治癒)。

しかしながら、少なくはない一定数の患者がなかなか治らず後遺症に苦しんでいるのは間違いありません。

佐賀県内でも感染者0の日が多くなってきましたが、たとえ新型コロナの感染が収束しても、後遺症の問題が残り、悩んでいる方がいることを忘れてはいけないと思います。

佐賀市の歯医者 Sagan歯科こども歯科

佐賀市 本庄町本庄507-9

南バイパス沿