歯科用CTを導入しました。

佐賀市の歯医者、Sagan歯科こども歯科です。

今月から歯科用CTを導入しました。

治療の説明を受ける際に、平面のレントゲンで見るより、3次元のCTで見て説明を受ける方が理解しやすいので患者さんには分かりやすく、しっかり説明してくれると好評です。

悪くなっている原因を立体的に、目で確認して説明を受けた方が納得して分かりやすいので、患者さんにとってもメリットが大きいのです。

自分のお口の状態がどの様になっていて、今後どの様な治療の選択肢があるのか、今後どの様な治療するのかを把握することはとても大切なのでその際にCTは理解を深めてくれます。

撮影範囲も広く画像も綺麗でとても役立つ相棒で矯正治療で用いるセファロ付きです。

歯科の治療ではレントゲンを撮影してお口の状態を確認するイメージが強いのではないでしょうか?

最近では歯科用CTを導入して、より詳しい内部の状態を確認することができる歯科医院も増えてきており、歯科用CTはより確かな診断をして、患者さんが安心して治療を受けることができる機械です。

それでは具体的に歯科用CTとはどの様な機械なのか、どの様なメリットがあるのかを詳しくご説明します。

通常のレントゲン写真と違いは、3次元での立体的な診断ができるるため、より正確に精密な治療が可能となります。

また、院内にCTがあることにより、撮影⇒解析⇒診断が格段に迅速になり、患者様の負担とドクターの初期診断のスピードが速くなり、治療がより円滑に行うことが出来ることが出来ます。

今まで、本院の池田歯科こども歯科にあるセファロCTを用いて診断していましたが、車で約5分とはいえ、患者さんにわざわざ行っていただく時間と手間が申し訳ないのと、本院が予約で混み合っており、撮影にお待たせしたりと不便をおかけしていました。

開業した時に一緒に導入したかったのですが都合がつかず、当初諦めていましたが1年半でメドがつき、Sagan歯科こども歯科でも歯科用CTを導入しました。

難症例の抜歯やインプラント、様々な診断により正確な診断が出来るようになり治療の幅も広がり歯科医師達のモチベーションも、より上がっています。

これから新しく導入した、歯科用CTを有益に用いて、皆様の笑顔を素敵に創るお手伝いをすることを第一に考え診療をしていきたいと思います。

佐賀市の歯医者 Sagan歯科こども歯科

佐賀市 本庄町