歯科治療とカーボンニュートラル

佐賀市の歯医者、Sagan歯科こども歯科です。

英国グラスゴーにて、2021年11月 1~12日、「国連気候変動枠組条約第26回締約国会議」(COP26)が開催され、「パリ協定」と「気候変動に関する国際連合枠組条約」の目標達成に向けた行動を加速させるため、締約国が一堂に会して議論しました。

世界が協力してこの重要な課題に取り組み、将来の世代のために環境を守ることを示していく必要があります。

佐賀市民ひとりひとりが、子どもの未来のため他人事として捉えるのではなく、気候変動をこれ以上悪化させないためには、もうすぐに動かないといけない状況です。

当院でもSDGsの取り組みを通し、佐賀市地域に貢献するため、環境に配慮した歯科医療を模索しながら治療しています。

Sagan歯科こども歯科の最近の取り組みとしては、化石燃料を使わないエネルギーによる電力の消費で、カーボンニュートラルの達成を目標としており自家消費分の太陽光発電を昨年導入しました。

また、リサイクルの徹底♻️と、緑の募金等へのSDGs貢献募金活動を行っています。

世界のZ世代は環境保護意識か高く、様々な活動を通して社会を動かしていますが、日本の若者は世界に比べて大人しいと言われています。

環境保護に情熱を注ぐ日本の若い世代の方たちを今後支援し、支えていきたいです。

 

佐賀市の歯医者 Sagan歯科こども歯科

佐賀市 本庄町本庄507-9