小児の噛み合わせとターミナルプレーン

佐賀市歯医者、Sagan歯科こども歯科です。

医を業とするものにとって、生体の各臓器、器官がいかに成長発育過程をたどるかを究めることは、欠くことのできぬ使命といって過言ではありません。

そうしたことから歯が生えてきて、どのような発育過程で咬みあわせを形成していくのかという咬合像は、歯科医師の特に注目するところです。

乳歯が生えてくる頃から永久歯列期にかけての前歯部咬合状態、歯列弓形態、歯列の状態、歯の位置関係の変化を縦断的かつ定期的・継続的に知ることは小児歯科及び矯正歯科の臨床においても非常に大切なことであり、矯正治療を開始する時期を決めるうえでも極めて重要です。

乳歯のターミナルプレーンとは

特に重要なのは、ターミナルプレーンという1番奥の乳歯である、上下顎第2乳臼歯の遠心面(ターミナルプレーン)の位置と上下顎乳犬歯の咬合関係によって判定されます。

乳歯のターミナルプレーンとは

ターミナルプレーンについては,垂直型(上下顎第2乳臼歯の遠心面が一致するもの)と近心段階型(下顎第2乳臼歯の遠心面が上顎のそれよりも近心にあるもの)が,それぞれ永久歯咬合でAngleの分類のⅠ級というきちんと噛めてる状態になる可能性が高いことから正常と考えられており、当院では噛み合わせのチェックや歯科検診時にチェックしていますので、お気軽にご相談ください。

佐賀市歯医者 Sagan歯科こども歯科

——————————————————-
佐賀ん歯科・こども歯科

電話 : 0120-001-720

診療時間・お電話での対応時間
平 日 9:00~18:30
土曜日 9:00~13:00

〒840-0027
佐賀県佐賀市本庄町大字本庄507-9
———————————————————