妊娠中の喫煙は虐待です。

佐賀市の歯医者、Sagan歯科こども歯科です。

妊娠中の喫煙率が、佐賀県は全国的に比較して高く、様々な弊害やリスクが有りますので今回取り上げてみました。

お腹の赤ちゃんへの悪影響

妊婦さんや周囲の方の喫煙は、子宮内 の胎児の発育を阻害します。

死産や新生児の死亡リスクを高め、妊娠中の重症の合併症の危険を最大4倍高めます。

生まれてきた赤ちゃんへの悪影響

妊婦さんや周囲の方の喫煙は、生まれて
きた赤ちゃんの突然死の原因となります。
奇形、肺の発達異常、発達障害、問題行動や知能レベル低下のリスク、ぜんそく、中耳炎や肺炎、免疫力不全などその影響は様々です。

無事に産まれても、乳幼児突然死症候群による死亡率が高くなることが明らかになっています。

また、キレやすい子供、抑制のきかない人間になりやすく、将来犯罪をおこす率が高いと言われています。

このように、妊婦の喫煙は子供の将来にまで悪影響を及ぼすものですから、妊婦さんは決してタバコを吸うべきではありません。同じように父親も妊婦のそばでは絶対にタバコを吸ってはなりません。父親が妊婦のそばでタバコを吸うと、妊婦は受動喫煙させられることになり、妊婦自身が喫煙するのと同じ悪影響を胎児に及ぼしてしまうからです。

 

佐賀市の歯医者Sagan歯科こども歯科