歯科治療の根管治療でリーマー、ファイルが破折し器具が折れて残った場合について

佐賀市の歯医者、Sagan歯科こども歯科です。

歯の神経を取る治療や、根が膿んで感染根管治療を行う時に、ほぼ必ず用いるもので根管内で中を掃除するドリルのようなものをリーマー、ファイルと言います。

今回はそれが破折してしまった場合についてです。

実は、リーマーやファイルが破折してしまう偶発的なことはどんなに細心の注意をしても起こり得ます。

それはSagan歯科こども歯科でも、同様にリーマーファイル破折、根管穿孔は起こることもあります。

取るに越したことはないので、なんとか取れたものもあれば取れずに経過観察している症例、外科処置をして取り除く事もあります。

当院では、破折の原因、理由と結果を説明し、今後の対応とリスク等をインフォームドコンセントしながら治療するように努めています。

なぜリーマーファイルが折れるのか?

根が曲がっていたり、石灰化して硬くなっている場合、歯の根の治療を再治療を繰り返してしまうと、根の厚みが薄くなってしまい、基本に忠実に治療をしていても歯に穴が開いてしまう場合や折れることが誰しもがあり得ます。

なので根管治療に限らず、どんな治療でもリスクはありますが、根管治療における様々なリスクは他の治療に比べて大変リスクが高いのです。

リーマーやファイルの破折だけでなく、歯根破折や穿孔Perforations(根管とは異なる部分に誤って穴が開いている状態)により抜歯に至る症例もあり細心の注意を払い治療することが重要だと認識しています。

破折したことは、レントゲンで確認すれば大抵分かりますので、きちんと説明しないと説明義務違反ということになりますので折れた後の説明とフォロー対応が大事で、患者さんとのトラブルが多いのは大抵ここにあると考えています。

ほとんどの場合その後問題なく経過しますのであまり心配はしなくて良いと思いますが定期的な経過観察が大事になってきます。

経過不良の場合は、様々な治療の選択肢をご提案し説明しながら治療していくことになります。

かなり深いところで先端だけが残っていると上から取り除ける可能性は低いので、その部分だけを歯ぐきを切開し、外科的手術にて取り去れば大丈夫です。

当然破折したリーマーファイルが取り除かれるに越した事はありませんが、取り除くのに回数と時間がかかればかかるほど感染の機会が増えます。

除去を試みてなかなかうまくいかない場合は、取る事に専念するより、ある時期にきれいに詰めてしまった方が原因歯の経過がいいケースが十分考えられます。

他院にて残ってしまい経過不良や不安でお悩みの方はご相談ください。

佐賀市の歯医者Sagan歯科こども歯科