女性ホルモンが歯周病招き、口臭リスクは男性の2倍

 

佐賀市の歯医者、Sagan歯科こども歯科です。

人それぞれ個性があり、体に色んな匂いがある様に、口の中にも体臭と同様に様々な匂いがあります。

正常な匂いの場合、生理的口臭と言いますが病気やその他の原因で(多くの場合、口の中に原因が在ります)

他人に不快な気持を与える匂いとなる場合があります。

それを口臭と称します。

自分以外の人の感じ方で、口臭かそうでないかが決まります。

ようするに、口臭は他人が感じて評価するものなのです。

体臭ではワキガの方がいるように、口臭が強めの患者さんがいます。

歯周病が女性ホルモンと深く関係していて他の病気をも引き起こす

歯周病の歯垢(プラーク)の中の細菌と、女性ホルモンが密接にかかわっているためです。

女性には歯周病にかかりやすい時期が人生で3回あるといわれています。

1つ目が初潮を迎える頃。

この時期は女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)が多量に分泌され、そのため歯肉の血液循環が促され歯肉は刺激に対して敏感になり炎症を起こしたりします。これがホルモン性歯肉炎で悪化すると歯周炎に進行したりします。
2つ目は妊娠時。

妊娠中は女性ホルモンのプロゲステロンの増加で、歯肉が刺激に敏感になりこの時期にケアが悪いと歯周病にまで悪化します。
そして3つ目が閉経・更年期。

体や女性ホルモンのバランスがなにかと変調しやすい時期で、精神的ストレスもたまり、閉経後は骨そしょう症が進むため歯を支える組織が急激に破壊されることも関係しています。