睡眠時無呼吸症候群のマウスピース治療

佐賀市の歯医者Sagan歯科こども歯科では、睡眠時無呼吸症候群のマウスピース治療外来を行なっております。

睡眠時無呼吸症候群のマウスピースとは

上下顎の歯列に睡眠時無呼吸症候群専用のマウスピースを作るために、まず型取りします。

歯科技工士さんと連携し、オーダーメイドで患者さんの口腔内にぴったりと作ったものを2回目の来院時に装着します。

睡眠時無呼吸症候群のマウスピースの効能は、下顎を前方に移動して、誘導、固定することにより、狭窄した上気道を広げ、呼吸の通気性を良くすることが目的です。

舌のみを前に出した状態で維持させ、上気道を広げるタイプのものもあります。

また、鼻呼吸を促す効果もあるので、この治療法は保険が適応となります。

しかし、重度肥満の方や、残っている歯牙が少なかったり、鼻呼吸ができない人には使用はお勧めできません。

佐賀市の歯医者 Sagan歯科こども歯科