お酒と歯周病

佐賀市の歯医者、Sagan歯科こども歯科です。

今回は歯周病とお酒についてです。

歯周病学会の見解では、お酒そのものが歯周病に悪い訳ではありませんが、多くの場合お酒を飲んだ後は歯を磨かずに寝てしまう、又は歯磨きを疎かにしてしまう事が多い事から、歯周病を進行させる原因の一つと言えます。

しかしアルコールの過剰摂取を継続するとだんだんと身体機能が低下してきます。

それに伴い口腔衛生の低下や唾液分泌の異常などが起こりやすくなります。

お酒を飲みすぎるとノドが非常に乾いたり、口の中がネバネバしたり、飲んだあとや二日酔いの時に歯を磨くと吐き気がするなどの経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?
アルコールには利尿作用がありますから、飲酒することによって身体の水分量が不足し、ノドが乾き口腔が乾燥状態になります。

また飲みすぎると胃酸の逆流によって、気持ちが悪くなり、吐き気が起こります。

これらの身体環境が歯や歯肉に大きな影響を与えます。

その結果として口腔環境が悪化し歯周病が進行していきます。

アルコール依存症者の口腔内の実態

  1. アルコール依存症者の平均虫歯の数は6歯で、これは一般平均の3倍を示します。
  2. 通常高齢者に発症する下顎前歯部や歯頸部(歯の付け根部分)のう蝕が認められます。
  3. 前歯の損傷や口唇の外傷を多く認めます。
  4. 口腔衛生の低下により食物残渣、歯石が付着しています。
  5. 義歯が汚れたまま使用されています。
  6. 歯周炎を調査したほぼ全ての人にその存在が確認されます。
    なかには悪化してグラグラしている歯があったり、自然に抜け落ちていることもあります。
  7. 口臭を自覚していない場合が多いようです。
  8. う蝕や歯周炎による痛みや歯が無いため、食機能が低下しているケースがあります。
  9. 痛みなどの問題を自覚しながら、歯科受診をせず放置したままの人もいます。

大事なことは、お酒は人生の友です。

お酒を飲んで楽しむことは、人生を豊かにします。

しかし、お酒はドラッグです。

ヨーロッパでは、個人への害という意味では、酒>ヘロイン>覚醒剤>コカイン>煙草>大麻、という順番認識があります。

依存症や深酒に注意し、呑んだ後は相当面倒くさいですが、へべれけの酔っ払いになっても頑張って歯を磨きましょう。

そうすれば、歯周病による口臭も予防出来ます。

佐賀市の歯医者Sagan歯科こども歯科

佐賀県佐賀市本庄町南バイパス沿い