舌苔は口臭の発生源

佐賀市の歯医者、Sagan歯科こども歯科です

今回は皆さん気になる口臭です。

自分では分からない口臭

この季節風邪を引き始めると、お口の中がネバっこくなる経験ありませんか?

風邪など体調が良くないとつばの出方が悪くなり口臭がしやすくなります。

口臭の、原因No.1は歯周病菌です。

舌にはコケみたいな表面に歯周病菌の繁殖しやすい環境が整っており舌苔と言います。

実はこれがけっこう口臭の発生源なんです。

舌苔をクリーニングしたら、口臭が50%以下になることもあり、口臭対策には舌ケアは不可欠です。

口臭の原因菌は舌の上に多く、歯や歯茎よりも、ベロのデコボコした表面に取りつきやすいため、細菌はデコボコを利用して増殖していきます。

大体単位面積あたり、測定すると4倍多いといわれています。

舌苔が厚すぎないかどうかの判断材料は、色。
普通なら赤い舌が、白っぽかったり黄色みを帯びていると舌苔が厚く、口臭がしやすいというサインです。

ポイントは、菌が根を張って苔みたいにこびりついており、無理に一回で取り切ろうとしないで毎日しない事です。

無理にゴシゴシすると、たくさんの血管が集まり薄い粘膜を通じて舌の表面には味蕾があります。

味蕾の働きである、味のセンサーが壊れてしまうため味覚障害のリスクがあります。

なので、歯ブラシでゴシゴシ磨くことはSagan歯科こども歯科ではおすすめしていません。

専用の舌ブラシを使って絶対ケアしましょう。

舌クリーナーは、大きく2種類あります。柔らかい毛がついているブラシタイプと、つるりとしたヘラタイプです。

好みで選んだら良いでしょう。

佐賀市の歯医者 Sagan歯科こども歯科

佐賀県佐賀市本庄町 南バイパス沿い