口臭や体調不良につながる唾液の減少や口腔乾燥、ドライマウス

佐賀市の痛くない歯医者さん、Sagan歯科こども歯科です。

当院は、口腔乾燥症でお悩みで治療に来られる方が多いのですが、1番多いのは、中高年女性の更年期障害を併発されている方、男性50代〜が大半を占めています。

何故かというと、唾液腺の老化や、唾液の減少は、比較的、女性の方に目立ってきます。

女性ホルモンバランスの問題だと考えられているからです。

推定患者数はドライアイで悩む人とほぼ同等と言われ、特に珍しい症状ではありません。疫学調査によると人口の25%にあたる患者がいるという報告があるので、それからすると日本には約2500万人のドライマウスに悩む人々がいてもおかしくない位の沢山の方が発症しています。

水を飲むなどすればおさまる一時的な渇きと違い、常に口の渇きを感じる状態が3ヵ月以上続くのがドライマウスです。

口腔乾燥症の年齢的要因以外には?

精神的に緊張した際、高熱や下痢の場合などにみられる他に放射線治療後の副作用、ドライマウス、シェーグレン症の患者さんがいらっしゃいます。

ストレスや睡眠不足は口が乾くドライマウスの原因になります。

また、服用している内服薬の影響もあります。

睡眠薬や抗うつ薬、高血圧の薬などに、唾液を減らす副作用があるものがあります。

口呼吸をしている場合は、唾液が出ても蒸発してしまいドライマウスの原因になります。特に、唾液の量が減る夜中に口呼吸をしている人が多いので、口内環境は悪くなってしまいます。

「たかが口の乾燥じゃないの」と思っていると、肌や目と比べて、外から見えないために、軽視されがちですが、色んな併発リスクが出てきます。

ドライマウスや口腔乾燥症でお悩みの方は、佐賀市の歯医者、Sagan歯科こども歯科にご相談ください。

佐賀市の歯医者、Sagan歯科こども歯科