保険で被せる白いハイブリッドセラミッククラウンCAD/CAM冠とは?

佐賀市の歯医者、Sagan歯科こども歯科です。

健康保険内で白い被せものが適応されることご存知でしょうか?

Sagan歯科こども歯科では、保険でできる真っ白なかぶせもの「CAD/CAM冠」を取扱っております。

また、どの歯科医院でも治療ができるわけではなく、厚生労働大臣が定める施設基準に適合していると認可された歯科医院でのみ、治療が可能です。

 

CAD/CAM冠は銀歯とは違い、金属を一切使用しない被せ物なので体に優しい素材です。

金属である銀歯は経年劣化で腐食し、金属成分が体内に溶け出してしまいますが、CAD/CAM冠にはそういったことが起こらないので、金属アレルギーの心配がありません。

また、セラミックは虫歯の原因となる歯石・歯垢が付着しにくいといった特徴のある素材なので、清掃性が良く、虫歯が再発しにくい被せ物と言えます。

これまで保険がきく白い被せ物というのはプラスチックのみで割れやすいというデメリットがありました。

CAD/CAM冠は安定したハイブリッドセラミックブロックをコンピュータで制御し、削りだして作成するので強度的に確保しています。

 CAD/CAM冠とは歯の形をスキャンしたデータをコンピュータに入力し、ハイブリッドセラミックと呼ばれる歯の色に似せた審美的材料のブロックを、ミリングマシンという削る機械を用いて歯の形に削り出したものです。
 最近話題になっている3Dプリンターと似ていますが、3Dプリンターは、材料を少しずつ盛り上げて成形していきます。
それに対してCAD/CAM冠は逆に、塊から削りだして製作します。
健康保険適応対象になった歯科材料はハイブリッドセラミックで当院で自費診療で用いているエステニアに近いものです。

CAD/CAM冠のデメリットや弱点

保険診療のCAD/CAM冠ではまず、色調が単純単調
で限られた色味の材料しか使えない事や年数が経つと、変色し茶色に近づいてきます。
審美性を求める方には自費のオールセラミックをお勧めしています。
また、銀歯に比べ装着後の脱離の発生率が高いというデメリットもあります。
少しでも銀歯を減らしたい方はSagan歯科こども歯科へご相談ください。
佐賀市の歯医者 Sagan歯科こども歯科
佐賀市本庄町南バイパス沿い