スポーツデンティストとスポーツ歯学 佐賀市でスポーツ用マスウピースならSagan歯科こども歯科

佐賀市の歯医者、Sagan歯科こども歯科です。

歯科とスポーツは、

主にスポーツ用マウスピースを作るのがメインになりますが、

噛み合わせや食生活指導、アンチドーピング、学童期の顎の発育、健康寿命の延伸、競技会等の医事運営の支援並びにチームデンティストとしての参加するなど多岐に歯科医師がサポートしており佐賀県歯科医師会でも戦略的にスポーツデンティストを育成しようとしています。

咬合機能と運動パフォーマンスの関連についてアスリートの方ならパフォーマンスが上がるというのはご存知かと思います。

スポーツ用マスウピースと言っても専門的には様々な種類があります。

1番お手軽なのは市販に売っているお湯につけて軟化し口腔内で直接成形するタイプです。

凡庸品のため噛み合わせやフィット感がいまいちで違和感が大きく、呼吸しずらかったりしゃべりずらい、試合中のコミュニケーションが取りつらいなど我慢して使用していたりするケースが多いためSagan歯科こども歯科に相談しにくるケースが多々あります。

スポーツ用マウスガード普及を妨げる要因として上記のような装着感の悪さがあります。これは、大部分が既製のタイプを使用した際の感想です。

カスタムメイドマウスピースとは

次に市販のマウスピースと、スポーツデンティストが作るマウスピースはどういった違いが有るのかご説明します。

まずは、お口の中を型取りし患者さんにぴったりと作るカスタムメイドタイプのマウスピースです。

カスタムメイドマウスピースには、さらに

シングルレイヤーマスウガード

(6000円)

マルチレイヤーマスウガード

(15000円〜)

に分類されます。

一般的にはシート1枚で作製するシングルレイヤーマスウガードのタイプが多く使用されています。

マルチレイヤーマスウガードは、2枚以上のシートを重ねて作製し必要な部分のみの厚みを確保しながら違和感の強い部分の厚みを抑えることができることが特徴ですが製作に手間と時間がかかり、費用が高めになります。

マウスガードのデザインや厚さなどはスポーツの種類、競技者のレベル、外傷を保護するレベルなどで変わってきます。

マウスガード材は厚みが増すほど衝撃吸収率が上がるとされているため格闘技、コンタクトスポーツなどでは直接外力が加わりやすい前歯部唇側においては基本的に約2~3mm

の厚さが必要です。

最近のアスリートは競技中の外傷予防はもちろん、着け心地が快適で、息苦しくなく、お喋りも可能なマウスガードを望んで来院され、特にカラフルで個性的なマウスガードを希望して来院する方も増えています。

当院では、最新の「ラミネーションテクニック」と「サーモフォーミングテクニック」を用いて製作しています。

Sagan歯科こども歯科ではスポーツを通じて歯科医として、口腔の健康と全身の健康をアドバイスできるように努めており、付加価値の高いスポーツマウスガードを普及させていきたいと思います。

佐賀市の歯医者 Sagan歯科こども歯科

佐賀市本庄町南バイパス沿い