虫歯や歯周病、噛み合わせなど歯のトラブルを防ぐ予防歯科

佐賀市の歯医者Sagan歯科こども歯科です。

当院は、歯科治療だけでなく虫歯や歯周病、噛み合わせなど歯のトラブルを防ぐ予防歯科を推奨しています。

歯科診療で何よりも大切にしていることは、低侵襲の治療で患者さんの歯を残し、健康的な生活を長く続けられるようにサポートすることです。

歯が抜けたり悪くなるのは決して加齢現象ではなく、100歳になっても歯を残すことはできるんです。

痛くないからといって放置していると、そのうち悪くなって抜けてきてしまいますから、たとえ痛くなくても検診だけは受けていただきたいという診療理念を持っています。

歯を失う原因ともなる虫歯や歯周病は、適切なケアや予防歯科によって十分予防できるところまで進歩してきましたが、一方で「歯が痛くなったから」というきっかけから、久しぶりに歯科医院に足を運ぶ患者さんもまだまだ多いというのが現実です。

極端な話「歯磨きなんか面倒くさいからしない」という方もいらっしゃいます。

そういう方に毎日の歯磨きや、定期的にクリニックに来てのメンテナンスという話をご説明し、習慣をつけていただくのは大人の方だと尚更、並大抵のことではありません。

それぞれの価値観や親の躾の問題にまで関わる部分ですからね。

言葉を尽くして分かりやすく噛み砕いて説明し、写真や資料なども見せて、時間もかけて患者さんの気持ちが変わったり、少しでも口の中の状態が良くなったりすることが、予防歯科のやりがいにつながっているように思います。

予防歯科とは具体的に言うと、歯を失わないよう未然に病気を防いでいこうというコンセプトが予防歯科です。

予防歯科は、歯のみならず、全身の健康を将来的に守っていくためにも、非常に重要なもの。

まず予防歯科で大切なことは

定期的に口腔内の状態をチェックし、良い環境が維持できているかを確認することです。

口腔内の汚れの付き方や虫歯や歯周病の有無の確認、噛み合わせの状態を評価し、正しいケアの方法をお伝えし毎日実践することが欠かせません。

ただ必要な有益な情報を伝えるだけではなく、患者さんが悩んでいることに耳を傾け、それに応える。

さらには、その裏に隠れている、患者さんすらも気づいていない問題点を見つけるのが、私たちSagan歯科こども歯科の役割だと思います。

どんな主訴を抱える患者さんも、主訴以外にリスクを抱えていることがほとんどです。

そのため、まずは主訴に対し必要な処置をした上で、口腔内の全体的なリスクを把握し分かりやすくご説明し、どう対処していくかを考えてもらうようにしています。

その際、常に患者さんの意思を尊重し確認しながら、治療方針を決めていくことを心がけています。

よくある質問としては、だいたい、お子さんの場合は歯が生え始める生後7~8ヵ月程度から予防歯科を始めるのが良いでしょう。

それ以降は思い立った時がスタートになります。

歯も関節や臓器と同じように、年齢を重ねる中ですり減ったり弱ったりしていきますし、口腔内環境は常に変化し続けています

患者さんがこれから過ごす“時間軸”を意識し、先を見越した予防歯科治療計画を立てることが、長く健康を保つためにも大切なんですね。

佐賀市の歯医者 Sagan歯科こども歯科

佐賀市本庄町南バイパス沿い