歯科治療における患者さんの最大のデメリットはクリニックへ通わなくなること

佐賀市の歯医者Sagan歯科こども歯科です。

歯科治療における患者さんの最大のデメリットはクリニックへ通わなくなることだと思います。

歯科治療が終わり、治療後も継続してメンテナンスに来ていただくために、「定期的に通い続ける大切さ」を伝えることが重要だと思っています。

とはいえ、その大切さを知っていても、面倒になってしまう人も中にはいらっしゃいます。

これは歯科医師、歯科治療にとって永遠のテーマなんです。

患者さんには実際にあった話を交えつつ、治療やケアを継続しなければどうなるかを丁寧に説明しています。

もちろん無理強いしてはいません。

学校に通って部活が大変だったり、共働きや仕事で忙しい方が多いのは理解しています。

患者さんには「歯科クリニックに通わないことは、患者さんにとって最大のデメリット」とお伝えしています。

通わなくなればケアも行き届かなくなり、虫歯や歯周病の進行の発見も遅れてしまいます。

同時に、これを伝える僕ら歯科医師側も言葉に責任を持って患者さんと接していかなければいけないと感じています。

ただ痛いところを治すだけでなく、今後の予防を見据えた処置を目指しています。

歯科治療をしてきた中で患者さんに一番よく言われたことが、

「今何をやっているか、まったくわからない」ということでした。

自分の口の中は見えませんから歯がどうなっていて、治療の結果どう良くなったのかわからない。

まぁ仕方ないからいいや、ということにはしたくないので分かりやすく説明しながら治療するように心がけています。

これも、結果的に治療や予防へのモチベーションにつながると考えて歯科治療しています。

佐賀市の歯医者 Sagan歯科こども歯科

佐賀市本庄町南バイパス沿い