歯医者さんによって虫歯の判断基準に差があります。

佐賀市の歯医者Sagan歯科こども歯科です。

虫歯は予防する時代になりました。

もし虫歯になっても、早期発見すればMTAセメントなど薬の進歩で、歯の神経を残せる可能性も広がりました。

今回は、学校歯科検診で虫歯なかったはずなのに虫歯があった。

歯医者を変えたとたん虫歯の治療が必要と言われた。

虫歯がないと思っていたのに、虫歯ですと言われると極めて困惑しますよね。

これは、歯科医師によって虫歯かどうか判断基準に差があるからです。

虫歯治療を学問化したものをカリオロジーと言います。

歯を削る判断に極めて慎重な歯医者もいれば、積極的に介入し削って治療する歯医者もいます。

診断や介入時期には歯科医師によって差があります。

なので歯医者さんそれぞれが、自身の価値観・判断基準に基づいて治療の提案をするので、それが前医と極端に違うと、あれ?っという混乱が起きることになり、「見た目」「虫歯リスク」に関しては歯科医師の解釈に幅がでるところです。

歯が黒くなっていても、穴が空いてなければ初期虫歯といい、今後意識してしっかり予防歯科治療をすれば、虫歯を削ったりする歯科治療をしなくても、それ以上進行しない可能性が十分あります。

虫歯は全て直すものといった社会一般通念もまだあるので、「歯が真っ白になるまで初期虫歯も含めたすべてを治療する」という方針の歯医者もまだまだおり、それはそれで真面目な取り組みだと思います。

当院は、どちらかというと多少黒くても穴が空いて象牙質まで進行してないようでしたら積極的に歯を削らないで予防歯科やフッ素塗布などで経過観察し、それでもダメなような介入するという考えですから、なるだけ虫歯治療は必要最小限にしたいと考えています。

毎日歯科治療を行うと新たな発見や反省が日々たくさんあります。

患者さんの中には勇気を振り絞って来院し、前日から一睡も出来ずに緊張し朝食べ物も喉が通らなかったという方もいらっしゃいます。

当院に来られる全ての患者さんに少しでも心がほぐれるよう真心を込めて、笑顔で挨拶と歯科診療を行うよう、感謝の気持ちと初心を忘れずに治療したいと考えています。

佐賀市の歯医者 Sagan歯科こども歯科

佐賀市 本庄町 南バイパス沿い