前歯が噛んでない状態は開咬といい悪影響があります。

佐賀市の歯医者Sagan歯科こども歯科です。

前歯の上下が当たってなくて、噛んでない噛み合わせの方は開咬といい、奥歯は噛んでいるのに前歯が噛み合わずに、常に前歯があいた状態です。

子供のころ、長く指しゃぶりをしていたり、舌を噛んだり無意識に舌を出す癖、扁桃腺肥大や鼻炎などにより、口呼吸が原因、舌の下についているひも(舌小帯)の位置がおかしい、遺伝的な顎の形態などからこの症状がみられることがあります。

見た目の歯並びは良くても麺類が噛みにくいなど機能的な問題だけでなく、様々な悪影響があります。

上下の歯が咬んでいないと虫歯になりやすいく、上下の歯が咬むことによって「自浄作用」が機能しています。

咬合面についた食べカスや歯垢などを上下の歯が咬んでいることによってある程度取り除いてくれているからです。

これが機能していないとかなりの確率で虫歯になるから咬み合わせって大切なんです。

また、奥歯に負担がかかり、咬合性外傷といい垂直的骨吸収により歯周病が進行したり歯が欠けたりして虫歯や知覚過敏症になったり顎関節症になりやすかったりします。

治療としては歯科矯正専門医による治療がスタンダードで舌癖を治す指導(MFTという)をしたり、舌癖を意識させる装置(ハビットブレーカーなど)を使うことにより治療します。

開咬の治療は、早い方が良く、
開咬は、放っておくと舌癖などによって歯並びやあごの骨にまで影響を与え、矯正治療の難易度が高い治療で後戻りしやすい症例の一つです。
開咬は、年齢や症状によって治す治療方法が異なります。

早い時期(小学校入学前がベスト)に矯正歯科医に相談しましょう。

当院では無料相談を行なっておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。