歯科矯正を始めるタイミング

佐賀市の歯医者Sagan歯科こども歯科です。

歯科矯正治療をお考えの方は、どのタイミングが1番ベストなのかが大切になってきます。

早期治療はもちろん大切ですが、早ければ早い程良いとは限りません

今回は、矯正治療を始めるタイミングについて特集します。

子供の矯正を始めるタイミングとしては、前歯の永久歯が上下とも4本生えてきて歯根が完成してから始めるのが基本です(先生によって意見は違う)
また前歯が生えてきたら、出っ歯、受け口、開咬などの診断がしやすくなります
乳歯列期に始める先生もいますが、幼稚園児はなかなか装置を付けてくれない場合が多いので治療が進まないケースが多いです。

子供の矯正治療はⅠ期治療とⅡ期治療の2段階に分けて行います。

Ⅰ期治療の適応期間は乳歯が永久歯に生え変わるまでとなるので、5歳〜12歳くらいまでの間です。

Ⅰ期治療の目的は、不正咬合を助長させる原因を排除し、顎骨の正常な成長発育を導いたり歯列不正の増悪を阻止したりすることです。

子供の矯正治療を行うことで、歯列不正の改善が完治するわけではありません。

多くの場合、永久歯が生えそろってから本格的な矯正治療、いわゆるII期治療により理想的な歯列と咬み合せを構築させます。

また、大人になってから歯科矯正するよりも、若いうちに治療始めたほうが、歯周組織の新陳代謝が活発で、歯が移動しやすい時期とも言えます。

このため比較的若い時期に矯正治療を始めることで、歯の移動がスムーズに進み、治療期間も短く済む可能性があります。

当院は矯正専門医による無料カウンセリングを実施しておりますので費用、期間、治療方針などご説明しますのでお気軽にお越しください。

佐賀市の歯医者 Sagan歯科こども歯科

佐賀市本庄町 南バイパス沿い