歯の根管治療はデブリ(AHTD)を取り除く事が大切です。

佐賀市の歯医者Sagan歯科こども歯科です。

歯の神経を取ったり、歯の根が膿んだりした時は、根管治療を行いますが、歯の根管に残っているデブリ(AHTD)を取り除く事が大切なんです。

根管治療のデブリとは、細菌が付いた削りカスで細菌感染をしたバイオフィルムの塊のことです。

これは、超音波洗浄、EDTA、NaOCl、レーザーを利用して水中内で衝撃波を発生させてデブリを排出させるなどがあります。

また、感染根管治療、いわゆる再根管治療は抜髄と比べて、難易度が一気に高くなってしまいます。
なぜかと言うと、抜髄処置後にお薬(ガッタパーチャ+シーラー)を根の中に詰め、根充するのですが、これを再治療の際に完全に除去するのが非常に困難であるためバイオフィルムが残り再発しやすいからです。

また、虫歯治療による神経は抜かずに保存することが第一です。
神経を保存することで歯の寿命も長くなります。
特に奥歯を抜髄して歯の神経を取ってしまうと、歯根破折のリスクが大きく高まります。
神経は、大きな虫歯があってもMTAセメントなどで保存が可能になってきています。

安易に神経を取る治療をしてしまわないよう、定期検診で早めに虫歯を発見し治療することが大切なんです。

佐賀市の歯医者 Sagan歯科こども歯科

佐賀市本庄町本庄507-9