サガン歯科・こども歯科では
痛みに配慮した治療を心掛けています

こんなお悩み、ありませんか?

  • 痛みにすごく弱いんだよなぁ
  • 麻酔の注射が怖いなぁ
  • 苦手だなあ、あのキーンという音
  • 歯石取りは痛くないといいなあ
  • 子供の頃の怖いトラウマがあるんだよなぁ

「塗る麻酔薬(表面麻酔)」で
麻酔注射の準備をします

早く行ったほうが良いのは分かっていても、痛いのが怖くて足が遠のいてしまっている方も多いのではないでしょうか。
実際に、後回しにして手遅れとなり、歯を失っている方が多くいらっしゃるのです。
こんな悲しい思いを一人でも減らしたいと願い、技術と最先端の医療機器・材料、そして患者様一人ひとりの誠意と思いやりを持って痛みを抑えた治療に取り組んでいます。痛みを抑えた治療は虫歯治療だけではな、歯周病治療や外科処置、根の治療など全ての治療なので、ほぼ間違いなくあなたの症状でも対応可能す。ただ残念ながら、処置している最中は無痛でも、処置後に痛みが出てしまうという症例や、麻酔が効きにい症例もあります。しかし痛みを最小限なものにするため、様々なこだわりを持って治療を行っています。

「塗る麻酔薬(表面麻酔)」で
麻酔注射の準備をします

治療中の痛みは、麻酔をすれば気になりません。しかし、多くの方が嫌がるのは、この麻酔注射をする時の痛みです。多くの歯科医院ではジェル状のものを使用しますが、残念ながらこれでは十分にしびれさせることができません。当院では液状のものを使用し、より「チクッ」を減らすことが可能となりました。

「超極細の針」を使用しています

針治療を受けたことはありますか?針治療は極細の針を使用するので、刺してもほとんど感触を感じません。当院では世界で最も細いクラスの針を使用しています。
塗るタイプの表面麻酔をし、さらに極細の針を使用することによって、痛みが出ないように工夫しています。

麻酔液の温度調整

人は温度差が大きいと違和感や痛みを感じやすくなりますこれは麻酔液も一緒で、お口の中の温度と違う液体が歯ぐきに入ってきたら痛みを感じやすくなります。当院では体温に近い温度「37℃」に麻酔液が入ったカートリッジを温めています。このちょっとした一手間が、患者さまの負担を軽減します。

電動注射器で痛くない麻酔を実現

無痛での注射のためには速度が大切で、一気に注入すると激しい痛みを伴います。
当院ではコンピューター制御により一定の速度での麻酔液が注入できる電動注射器を使用しています。お口の状況や部位によって最も痛みの少ない注入速度に調節できます。これにより、人間の感覚だけに頼らないようにしています

麻酔薬も数種類用意しています
スキャンドネストの使用

当院では、小児や高齢者の患者様に対して、スキャンドネストという最新の歯科用麻酔薬を使用しております。

*以前麻酔で気分が悪くなられたことがある方へ

「一般的な麻酔薬には抜歯などで血が止まりやすくとか、麻酔が効きやすくするために血管収縮薬は含まれています。心臓に疾患があったり、血圧が高い方は、多少動悸がしたり、気分がすぐれなくなる場合があります」スキャンドネストはそれらの問題点を克服し、さらに治療後のしびれが早く取れるため、患者様の日常生活への影響がなく安心です。また、防腐剤(パラベン)や酸化防止剤(亜硫酸塩)を含まず、血管収縮剤(エピネフリン)も無配合のため、アレルギーをお持ちの方やエピネフリン配合剤を禁じられている患者様にも安全にご使用いただけます。

痛くないポイントへ麻酔を打ちます

当院では2回に分けて麻酔注射します。口の中には痛みを感じやすい部位と感じにくい部位があります。この痛みを感じにくい場所に、1回目は患者様の呼吸に合わせて痛みが出にくいタイミングで麻酔を行います。すると周囲までぼんやり効いてきます。2回目には、しっかりと効かせたい部位に打ちます。
この手間を掛けることにより、あまり痛みを感じさせずに痺れさせることが可能になります。

カウンセリングでお悩みをお伺いします

今まで麻酔をした時の経験をお聞かせください。「麻酔が効きづらかった」「診療台に座っただけでも怖くなって、痛い気がする」実は、麻酔の効き方や痛みの感じ方も、その時の心理状態(恐怖心)や過去の経験により変わります。そして、その患者様がどのようなことに恐怖心を持っているのか、何に対して恐怖心をお持ちなのかによっても対処方法を変えています。ですので、いきなり麻酔をすることなく、患者様が納得の上で処置を行いますので、安心してくださいね。

『リラックスできる環境』を大切にしています。

痛みを感じるというのは心理的な影響が大きく、緊張している状態だとより痛みを感じてしまいます。つまり、痛み対策にはリラックスすることも大切なのです。
そのため当院では、明るい雰囲気作り、コミュニケーション、リラックス効果があるBGM、治療中のちょっとしたお声かけなどを大切にしています。

振動や音が出にくい切削器の使用

『キーン』という音や振動が嫌な方も多いのではないでしょうか。音だけでも怖くて痛い気がするという方もいらっしゃいます。当院では5倍速コントラという音と振動を抑えた機器を導入しております。

レーザー治療器の活用

当院では、歯科医療の場合に応じて『炭酸ガスレーザー治療器』を使用しています。レーザーは組織を活性化させ、無痛効果、殺菌作用があります。
具体的には、抜歯後に腫れや痛みが治まらない場合、レーザーにより炎症や痛みを軽減することがあります。また肉が腫れたり膿んだりと炎症を起こした場合や根の治療の後など出る痛みを早めに抑えることが出来たりします。無理な処置は行いません。
炎症がとても強いときなどには、どのような方法を使っても麻酔が効かない場合があります。そのような際に無理に処置を行うとトラウマになってしまう恐れがあります。Sagan歯科でそのような場合には患者様に現状をしっかりとご説明させていただいた上で、応急処置を行い炎症が落ち着いてから根本的な処置を行います。
具体的には、腫れや痛みが強い場合には、内服薬を使用してから治療を行います。
腫れや痛みが強いと麻酔が効きにくくなってしまうので、1度抗生剤や痛み止めを用いて、症状がある程度安定してから治療を行います。そうすることによって麻酔の効きが変わってくのです。

麻酔が効きにくい時の対処法

1.麻酔の量を増やす(身体に悪影響な量ではありません)

痛みがある歯には麻酔が効きにくいこともあるので、その場合には麻酔の量を増やして対処していきます。1度に多くの麻酔をするのではなく、電動麻酔器(電動注射器)で徐々に麻酔の量を増やしていくことが多いです。

2.麻酔が効いてくるまで少し時間を空ける

麻酔をしてから効くまでに時間がかかる方もいるので、長めに時間をおいてから治療をしていきます

3.麻酔を他の場所から効かせる

※麻酔の効きが悪い場所は、下顎の奥歯がほとんどです。
その場合には「下顎伝達麻酔」を用いて治療を行う事ができます。

4.歯根膜注射をすることで、効き目を促進させることができる

その他、治療後の痛みについて

当院では、事前に腫れる箇所や、虫歯の大きさ、処置後のリスクなどはきちんとご説明いたします。全ての治療に際し、痛みが出る可能性を考慮し、最大限患者さまの負担が減るような処置にこだわって価値ある医療を提供していきたいと思っています。また患者さんの安心感が高まり痛みの感じ方を小さくできるよう、歯科医師一同患者様との信頼関係を構築できるよう今後も尽力してまいります。
最高の痛みへの対策は痛くなる前に対処すること!
痛い思いをしないためには「予防をする」ことがとても大切です。当院では歯科衛生士より、虫歯・歯周病予防にとって最も大切なご自身でのセルフケアをアドバイスさせて頂いています。 もし現在、むし歯・歯周病のお痛みで悩んでいる方も、今回の治療が終わってからは同じ事を繰り返さないために、一緒にお口をケアしていきましょう! あなたの歯を守るためのサポートを全力で行います!

住所 : 〒840-0027 佐賀県佐賀市本庄町大字本庄507-9

  • 急患対応
    可能
  • 駐車場
    完備
  • クレジット
    カードOK
  • 無料
    Wi-Fi
  • キッズ
    ルーム
  • 保育士
    常勤
診療時間
平日9:00~18:30
土曜日9:00~13:00
日・祝休診
CONTACT US!
お問い合わせ
0120-001-720
095-237-3337
平日 9:00~18:30/土曜日 9:00~13:00
背景アイコン01 背景アイコン02 背景アイコン03 背景アイコン04 背景アイコン05
© 2019 佐賀市の痛くない歯医者さん「佐賀ん歯科・こども歯科」